【面接】外国人の面接で良く聞かれる質問TOP10 第8位

こんにちは!

グローバルパワーです。

 

------------------------------------------------------------------

【外国人の面接で良く聞かれる質問TOP10

------------------------------------------------------------------

8位: 

 

『当社に対して何か質問はありますか?』

『何か聞きたい事はありますか?』

 

さて、面接官はこの質問から何を知ろとしているのでしょうか?

 

・会社や仕事内容への興味

・あなた自身が不安に思っている事、気にしている事、大事にしている事

・志望動機、転職内容との関連性

 

 

ということを見られます。

 

【ポイント】

 

・興味がある企業であれば、かならず質問があるはず。「質問はありません」と答えると、興味がないと判断されてしまいますので、必ず3−5個は準備しておきましょう。

 

・質問の内容によって、あなたの本心が相手に伝わります。例えば、休暇や残業の質問ばかりをしてしまうと「この人は残業の事ばかり気にしているという事は、残業に協力してくれない人なのかもしれない」と思われます。


※残業の質問がダメだという意味ではありません

 

社内の研修制度について質問をする人は教育の機会があるのか、成長できる環境があるのかどうかを

大事にしているのだろうという印象を受けます。

 

・面接官のポジションによって、質問の視点を変えましょう。社長や経営陣が面接官であれば、会社のビジョンなど人事担当や部門担当出れば、職場環境など。社長に対して、「残業が多いか」「出張が多いか」などを聞いても仕方がないですよね。

 

・面接官にフォーカスするのも1つの方法です。

面接官自身がなぜ、この会社を選んだのか、

どんなところが面白いと思うのか、

どんな目標をもって働いているのか? など

 

面接の前に、しっかり企業の事を調べていれば、必ず聞きたい事が出てくるはず。興味をもって面接に臨みましょう。